女性ホルモンが急速に低下し始める30代から気を付けるべきこと

MENU

女性ホルモンが急速に低下し始める30代

ピンキープラスの評判

 

30代の女性は、仕事や育児、家事に最も忙しく充実した時期を過ごす方が多く、そのため栄養や睡眠などのバランスが乱れホルモンバランスが崩れてしまうケースも少なくありません。

 

女性ホルモンは20代にピークを迎え、30代になると急激に分泌量は下降線をたどります。

 

そのため、肌の衰えや体力の減退、精神的なイライラなど様々な症状を実感する方が増えてくる時期でもあります。

 

女性ホルモンは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンというに種類がバランスを保ちながら分泌されており、この2種類が分泌されることで女性の肌や身体を生き生きと若々しく保つことが出来る役割があります。

 

女性ホルモンが減ってしまうと、更年期障害のような症状が出ることがあり、実際に早めの更年期障害の症状が出る方も少なくありません。

 

30代で更年期障害のような症状が出るのを防ぐためには、日頃からバランスの良い食生活や良質な睡眠、ストレスの少ない充実した生活を送る必要があると考えられています。

 

ストレスを完全になくすのは難しいですが、軽い運動や趣味を持つなどしてリフレッシュする時間を作ったり、あまりくよくよ落ち込んだり深く考えすぎない工夫をするのがポイントです。

 

 

食生活では、女性ホルモンのバランスを整えるといわれている大豆製品を多めに摂取するのが有効です。

 

大豆製品にはイソフラボンと呼ばれる女性ホルモンに似た働きをする成分が配合されていますので、毎日の食生活に積極的に摂り入れることで、30代の女性の身体を若々しく保つことが出来ます。

 

食生活が乱れがちで大豆製品を摂り入れることが難しい場合は、サプリメントが有効です。

 

>>おすすめのサプリはピンキープラス

 

女性ホルモンのバランスを整えるサプリメントは多くのメーカーから販売されており、先述のイソフラボンや、より女性ホルモンの分泌をコントロールする力の期待できるエクオールという物質が配合されたサプリメントが注目されています。

 

サプリメントを摂取したり、ストレスを軽減することで、ホルモン分泌を安定させることが期待できます。

 

また、女性ホルモンの分泌を活性化させることで誰もがあこがれを持つ、ふくよかな胸元やみずみずしい素肌を作ることができます。

 

 


pinky plus