バストの大きさは生活習慣が影響する

MENU

バストの大きさは遺伝だけではない

ピンキープラスの評判

バストの大きさは遺伝によって決定すると考えられがちですが、遺伝以外にも様々な要因によって大きさが決まります。

 

バストは乳腺と脂肪で構成されるため、乳腺組織の発達により大きくなります。

 

乳腺組織が増えれば、それだけボリュームが出てきます。

 

女性ホルモンは乳腺を育て維持する役割があり、女性ホルモンの分泌を増やす食生活や生活習慣などが重要となってきます。

 

また、バストを支える筋肉を鍛えるのも重要です。体に合ったブラジャーを身に付けないと、上手に支えられず筋肉の衰えや靭帯が伸びることで、脂肪が流れて形が崩れたり、垂れて見えることがあります。

 

他にも加齢でコラーゲン生成量が減少すると、皮膚のハリや潤いを失って小さく見えてしまうので注意しましょう。

バストを大きくするための生活習慣ポイント5つ

バストを大きくするためには、生活習慣に気を付ける必要があります。

 

バストアップに限らず、健康や美容においても基本となりますが、バランスのとれた食事と質の良い睡眠、疲労やストレスを溜めない生活を送るようにしましょう。

 

生活習慣の中でも大切になるのが食生活です。

 

バストを大きくするために効果的な栄養素を積極的に摂り入れることを意識しましょう。

 

各種ビタミンやアミノ酸など、多くの栄養素をバランス良く摂取する必要があります。細胞や筋肉を作る栄養素であるタンパク質は、動物性と植物性の両方を摂るようにしましょう。

 

バストを大きくするためには、ケアだけを行うのではなく生活習慣の全てを見直し、健康的な生活を送るのが大切です。

生活習慣をサポートするピンキープラス

バストの大きさは女性ホルモンなどの分泌量によって左右されるので、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促す生活習慣を維持することが大切です。

 

さらに乳腺マッサージやサプリメントでサポートすることで、理想のバストに近づけます。

 

ピンキープラスは、女性ホルモンや成長ホルモンを分泌させるために、睡眠の質や自律神経に働きかけることを目的としたサプリメントです。

 

ストレス緩和や新陳代謝アップなど、生活を総合的にサポートできます。

 

また、副作用がないので安心して使える点や、価格設定がリーズナブルなので長く続けやすいのが特徴です。そのため、ピンキープラスは生活習慣を改善しながら、自然なバストアップを目指したい女性におすすめです。

 

>>ピンキープラスの評判ってどうなの?


pinky plus